CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
[CD Review] Hiroshi Watanabe - Sounds Of Instruments: 01
 Artist : Hiroshi Watanabe
 Title : Sounds Of Instruments: 01
 Label : Klik Records
 Style : House
 Release : 2006
 Format : CD

Hiroshi WatanabeのTributeアルバムをリリースしたKilkからのリリースです、レーベルオーナーそうとうお気になんですねー(笑
全編に渡り、まさにサウンドスケープという言葉がぴったりなKaitoの世界観を拡張したような包容感と浮遊感に満ちたアルバムに仕上がっています。序盤のふわふわとしたメロウなテックハウスを中心に、後半からI'm freeを支点に徐々に加速していきながらAnemone (Hiroshi Watanabe Remix)を頂点にTread - Sunset Gardenへゆっくりと幕を閉じていきます。
ちなみにこのMixてマスタリング以外コンピュータを使っていないじゃないかな?(使っていたらごめんなさい)EQのかけ方とかとてもLive感感じたので。

そういえば彼のMixはこれで2枚めだったりする、一枚目はStimulus Tack Libraly...Hiroshi Watanabeというミックステープ、Kaitoのアルバムリリース前後の物だったと思う、誰か持っている方いませんかね?こっちはデトロイト〜ディープハウスメインですがとても気持ちよく気に入ってます。
Sounds Of Instruments: 02をリリースするなら、こういうハウス路線もやってほしいな(笑

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 19:51 | comments(0) | trackbacks(100) |
[Vinyl Review] Hiroshi W. - 4th Dimension EP
 Artist : Hiroshi W.
 Title : 4th Dimension EP
 Label : Nite Grooves
 Style : House
 Release : 1996
 Format : 12" (EP)

続けてHiroshi W.名義のレビューです、もう10年近く前のものですが、全然古臭さは感じないんですよね凄いです。A1. Get Itは日差しの明るいときに聴きたくなる爽やかな軽快ハウストラック、imajukuの雰囲気に近いかも。B2. Music Of Lifeは跳ねたリズムと哀愁おびたフルートのメロディとストリングスが美しい哀愁系ハウス、blogのタイトルにもなってるくらい今でも大好きな曲です。他の曲も現場仕様ぽい渋いハウスでかっこいいです。

-Tracklisting-
A1. Get It
A2. Scapegoat
B1. Lost City
B2. Music Of Life

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 00:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Hiroshi W. - The Third EP
 Artist : Hiroshi W.
 Title : The Third EP
 Label : Nite Grooves
 Style : House, Hard House
 Release : 1998
 Format : 12" (EP)

Hiroshi W.名義では今んとここれが最後の作品かな?4トラックとも都会的な渋ハードハウスって感じでめちゃめちゃかっこいいです、B1. Dance (Hiroshi's Heavy Beat Mix)は序盤スローテンポのトリップホップみたいな感じなんだけど徐々にBPMを上げ4つ打ちリズムとともにハードハウスへと展開していきます、ここの展開がたまらなくかっこいい。A2. Extra Nite's "Dance"はB1とはまったく逆の構成になっていて後半徐々にテンポを落として終わります、4分弱と短めだとほとんどB1と同じ内容。B2. Dance (Original Mix)は一転して軽快な少し爽やか目なハウスって感じです、でもどことなくNYっぽくてクール。そしてA1. Tendernessは個人的にめちゃめちゃ大好きな曲で、途中までハードハウスっぽい堅いリズムで進行していくんだけどブレイクで一転、Kaito名義に見られる包みこむような優しいPadが広がっていきます、Nite Systemの渋いグルーヴにKaitoの優しいメロディを乗せたような感じでしょうか、このバランスがとても気持ち良いというか自分的に凄いツボで、いまでもお気に入りのトラックのひとつです。

-Tracklistings-
A1. Tenderness
A2. Extra Nite's "Dance"
B1. Dance (Hiroshi's Heavy Beat Mix)
B2. Dance (Original Mix)

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
[CD Review] Hiroshi Watanabe - Tiny Balance Vol.1
 Artist : Hiroshi Watanabe
 Title : Tiny Balance Vol.1
 Label : Clorve
 Style : Soundtrack
 Release : 2004
 Format : CD

買ってから気づいたんだけど、DVD版買ったつもりがCD版買ってしまっってました、まぁCD版はボーナストラックが入ってるのでこれはこれでいんだけど、近々DVD版も購入する予定。それにしても今回もとても美しいメロディを聴かせてくれます、4曲とも基本的にピアノを基調とした曲なんですが、ふいに入るパーカッションやシンセがとても心地よく優しい気分にさせてくれます。部屋の中でまったりと聴き浸っていたい心地よい音楽ですね。Treadが好きな方におすすめです。↓のTracklistingでフルレングスで視聴できます、まだ聴いたことない人は是非聞いてみてください。

-Tracklistings-
01. Kids Room
02. Outscape
03. Kids On The Run
04. Little Impact

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 23:01 | comments(0) | trackbacks(1) |
[Vinyl Review] Kaito - Beautiful Day
 Artist : Kaito
 Title : Beautiful Day
 Label : Kompakt
 Style : Tech House
 Release : 2001
 Format : 12" (Single)

Kaito名義でのファーストリリーストラックで、ハリのあるリズムと浮遊感溢れるサウンドは既にこの頃から完成された物となっています。A1.Beautiful Dayはボトムなリズムに徐々に広がりを見せる美しいシンセ、中盤ブレイク明けからの哀愁溢れるシンセソロが印象的な優しさ溢れるディープハウストラック。B1.Air Riderはミニマルなリズムに徐々に音が重なるように展開していくW.P.スタイルなテックハウス、なかなか中毒性もあり個人的に結構好きなトラック。

-Tracklistings
A:Beautiful Day
B:Air Rider

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Kaito - Everlasting
 Artist : Kaito
 Title : Everlasting
 Label : Kompakt
 Style : Tech House
 Release : 2001
 Format : 12" (Single)

息子さんである解斗君の写真を使ったジャケがとても印象的、もちろん曲もとても素晴らしいです。A1.Everlastingはどこか幻想的で浮遊感溢れるトラック。シンプルながら構成はドラマティックな感じになっており、ひとつひとつの音にやさしさがこめられていてとても心地の良いサウンドになっています。B1.Intensionは個人的にKaito名義で一番好きな曲。Kaito独特のボトムのあるリズムの上に陰影を帯びた浮遊感あるシンセが美しく映えており、なにげないリフもトラック全体を引き立てていて琴線を刺激してくれます。この曲だけにいえることではないけどやはり夕暮れとかそんな情景が見えてくる作品。約12分もあるトラックだけど、まったく長さを感じさせないし、むしろずっと聴き浸っていたくなってしまいます。

-Tracklistings-
A:Everlasting
B:Intension

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Kaito - Awakening
 Artist : Kaito
 Title : Awakening
 Label : Kompakt
 Style : Tech House
 Release : 2002
 Format : 12" (Single)

A1.AwakeningはおなじみE2-E4ネタのフレーズを使った、哀愁と至福を感じさせる美しいトラック、意外と重厚なリズムトラックとアンビエンス感溢れる空間的なシンセとの相性が良く、ゆるい波のような展開に聴き浸ってしまいます、名曲といってもおかしくないくらいの完成度の高い作品。一方B1.Inside Riverは別名義のTreadにも見られるようなゆるい4つ打ちトラックでフィルタリングした反復フレーズが印象的なハマリ度の高い味わい深いディープテックハウス。個人的にKaito名義でこういうゆるい曲をもっと聞いてみたいです。

-Tracklistings-
A:Awakening
B:Inside River

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Larry Heard - Evening Dance
 Artist : Larry Heard
 Title : Reminisce (Kaito Remix)
 Label : Life Line
 Style : House
 Release : 2003
 Format : 12" (Single)

なんとなくLarry Heardとは音楽性がにてるなぁと思ってたけど、やはりバッチリでしたね。Larry Heardの甘いVocalと徐々に至福に満たしてくれるような広がりのある壮大な展開が素晴らしい極上のトラックです。ジャンル関係なく愛されるであろう一枚。

-Tracklistings-
A1:Evening Dance
A2:Reminisce (D.A.T. Deepest Inst. Remix)
B:Reminisce (Kaito Inst. Remix)

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Nikos Diamantopoulos - Ping Pong
 Artist : Nikos Diamantopoulos
 Title : Ping Pong
 Label : Kilk
 Style : Deep House
 Release : 2004
 Format : 12" (Single)

もちろんKaito Remix狙いで購入したんだけど、今回はOriginalの方が良かった。Originalは哀愁帯びたエレピと透明感のあるVocalや官能的なサックスがとても良い雰囲気を作っていて、後半少しブレイクが入ったあとのKaitoを彷彿とさせるシンセソロがほんと素晴らしいです!個人的にHouseでは今年一番といっていいほどとても気に入ってます。そしてKaito Remixですが、こちらもオリジナルの雰囲気そのままに彼らしいしっとりとした広がりのあるPadとReminisce (Kaito Remix)でも聞ける哀愁ギターが炸裂してます。いつもよりやや控えめだけどなかなか味わい深いトラックに仕上がっていますReminisce (Kaito Remix)が好きな人には是非ともおすすめです。

-Tracklistings-
A:Ping Pong (Kaito aka Hiroshi Watanabe Remix)
B1:Ping Pong (Original Mix)
B2:Ping Pong (Chris Nemmo's Updated Mix)

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Hiroshi Watanabe - Future Drive
 Artist : Hiroshi Watanabe
 Title : Future Drive
 Label : Nitelist
 Style : Progressive House
 Release : 2001
 Format : 12" (Single)

2001年にNitelistができてからすぐにリリースされたトラックで、いままでの作品に比べてワイルドピッチスタイルをいかしたフロアを意識したトラックになっています。個人的にKaito等に見られるような美しいメロディもさることながら、こういった細かな抜き差しだけで盛り上がらせるリズムの構築はほんとすごいと思います。曲ですがOriginal Mixは先に書いた通り、ほとんどリズムやSEの抜き差しだけで構成されており、徐々に盛り上がっていきます、ほんとに職人技を感じさせるトラック。Straight Kick Mixも基本的にoriginalと同じ内容だけど、後半からシンプルな哀愁メロディが追加されており、控えめなんだけどこれがまた上物がほとんどない分、とてもトラックに映えていて、ドラマティックな感じになってます。ジャケの絵のようにどこまでも向上していくようなトラックでほんとにかっこいいです。

-Tracklistings-
A:Future Drive (Original Mix)
B:Future Drive (Straight Kick Mix)

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>