CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
[Vinyl Review] Miikka & Jussi - EP
 Artist : Miikka & Jussi
 Title : EP
 Label : Five Am
 Style : Trance
 Release : 2005
 Format : 12" (EP)

ついついジャケに目がいってしまうけど、トラックも文句無しにかっこいいです。全体的に一般的なUKトランスとかより、どちらかというと中東のにおいがします、アーティストでいうとAR52とかJoofに近いかも、ちなみにこれがデビューシングルだそうです。3曲ともいいけど個人的におすすめなのがb1のEssence、ユーロトランスにGoaのエッセンスを加えたような感じの疾走感溢れるトラック、つか最近こういうトラック増えてきましたよねJoofとかもっとがんばってほしいです。あとB2は大分前になんかのMixで聴いたことがあった、誰のMixだったか思い出せない。。

-Tracklisting-
A:Reginella
B1:Essence
B2:Highway Patrol

| Techno/Electronica Disc Review | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Solar Factor - Global Getaways / The Rising Sun
 Artist : Solar Factor
 Title : Global Getaways / The Rising Sun
 Label : Progrez
 Style : Trance
 Release : 2005
 Format : 12" (Single)

おなじみPushによる別名義です。A sideのGlobal Getawaysは2002年にリリースしたUrban Shakedownをフォローアップしたような疾走感溢れる彼らしいトランス、どこまでも伸びるシンセがとても気持ちよいです。B sideのThe Rising SunはPlastic Boy名義のTwixt 2004のような、どこかエキゾチックな香りがするトラック、徐々に空間を満たしていくPadが幻想的で素晴らしいです。

-Tracklisting-
A:Global Getaways
B:The Rising Sun

| Techno/Electronica Disc Review | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Inner State - Changes
 Artist : Inner State
 Title : Changes
 Label : First Second Records
 Style : Trance
 Release : 2004
 Format : 12" (Single)

Airbaseがトランス辞める宣言してから、初めてリリースされた作品、まぁこれは普通にトランスなんだけど、これ含め後何作かリリースしたら彼のトランスは終了するようです、つか何気にAirbase関連の作品買ったのってこれが初めてだったりする。というか去年の彼のトラックはいまいちなの多かった気がします、なんというかネタ切れ感が漂ってる感じが、、このトラックも試行錯誤のひとつだと思うんですけどね、でも結局何をやってもトランスで終わってしまうので、窮屈だったんじゃないでしょうか。でもこの曲はジャケ絵のような切ない感じが出てて結構好きです、ほんといつ聴いてもReasonで製作してるとは思えません、、John O'Callaghan RemixはOriginalをよりトランスな感じにしたトラック、フロアで使う場合はこっちの方がノリよさそうですね。

-Tracklistings-
A:Changes (Original Mix)
B:Changes (John O'Callaghan Remix)

| Trance/Progressive Disc Review | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Duende - Amor De Dios
 Artist : Duende
 Title : Amor De Dios
 Label : Afterglow
 Style : Trance
 Release : 2005
 Format : 12" (Single)

久々に購入したトランスです、王道かつシンプルでM.I.K.E.ライクな感じです。OriginalはAirbaseばりのベースラインにシンプルな哀愁シンセフレーズが心地よいトラック、個人的にこういうPhazerかかったメインリフって大好きです。Jet Set Remixは全体的にOriginalより若干エッジのある仕上がりでOriginalとはまた違った雰囲気でおもしろいです、Arminとか好きそう。

-Tracklistings-
A:Amor De Dios (Original Mix)
B:Amor De Dios (Jet Set Remix)

| Trance/Progressive Disc Review | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
February Holiday Mix
新しいMixができました、よかったら聞いてください、Mixは容量の関係上順次消していくのでDLはお早めに。
http://www.ismusic.ne.jp/syo/februaryholidaymix.mp3

-Tracklist-
続きを読む >>
| Musix | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
Mix Worx 001
公開すんの忘れてた、良かったら聴いてみてください。プログレッシブハウスのMixです〜。
http://www.ismusic.ne.jp/syo/mixworx001.mp3

-Track List-
続きを読む >>
| Musix | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
Bionic Rockers
やばい超良いっす!日本人二人組みによるユニットなんだけど、この手のサウンドでは珍しくクォリティが高くサウンドも最高にかっこいいです、そして近々なんとRenaissanceから新曲がリリースされる模様、今後も要チェックアーティストっすね。Websiteでトラックの視聴ができるので是非聴いてみてください。

http://www.soundgraphics.net/bionic-rockers/
| Musix | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Hiroshi W. - 4th Dimension EP
 Artist : Hiroshi W.
 Title : 4th Dimension EP
 Label : Nite Grooves
 Style : House
 Release : 1996
 Format : 12" (EP)

続けてHiroshi W.名義のレビューです、もう10年近く前のものですが、全然古臭さは感じないんですよね凄いです。A1. Get Itは日差しの明るいときに聴きたくなる爽やかな軽快ハウストラック、imajukuの雰囲気に近いかも。B2. Music Of Lifeは跳ねたリズムと哀愁おびたフルートのメロディとストリングスが美しい哀愁系ハウス、blogのタイトルにもなってるくらい今でも大好きな曲です。他の曲も現場仕様ぽい渋いハウスでかっこいいです。

-Tracklisting-
A1. Get It
A2. Scapegoat
B1. Lost City
B2. Music Of Life

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 00:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
[Vinyl Review] Hiroshi W. - The Third EP
 Artist : Hiroshi W.
 Title : The Third EP
 Label : Nite Grooves
 Style : House, Hard House
 Release : 1998
 Format : 12" (EP)

Hiroshi W.名義では今んとここれが最後の作品かな?4トラックとも都会的な渋ハードハウスって感じでめちゃめちゃかっこいいです、B1. Dance (Hiroshi's Heavy Beat Mix)は序盤スローテンポのトリップホップみたいな感じなんだけど徐々にBPMを上げ4つ打ちリズムとともにハードハウスへと展開していきます、ここの展開がたまらなくかっこいい。A2. Extra Nite's "Dance"はB1とはまったく逆の構成になっていて後半徐々にテンポを落として終わります、4分弱と短めだとほとんどB1と同じ内容。B2. Dance (Original Mix)は一転して軽快な少し爽やか目なハウスって感じです、でもどことなくNYっぽくてクール。そしてA1. Tendernessは個人的にめちゃめちゃ大好きな曲で、途中までハードハウスっぽい堅いリズムで進行していくんだけどブレイクで一転、Kaito名義に見られる包みこむような優しいPadが広がっていきます、Nite Systemの渋いグルーヴにKaitoの優しいメロディを乗せたような感じでしょうか、このバランスがとても気持ち良いというか自分的に凄いツボで、いまでもお気に入りのトラックのひとつです。

-Tracklistings-
A1. Tenderness
A2. Extra Nite's "Dance"
B1. Dance (Hiroshi's Heavy Beat Mix)
B2. Dance (Original Mix)

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
[CD Review] Hiroshi Watanabe - Tiny Balance Vol.1
 Artist : Hiroshi Watanabe
 Title : Tiny Balance Vol.1
 Label : Clorve
 Style : Soundtrack
 Release : 2004
 Format : CD

買ってから気づいたんだけど、DVD版買ったつもりがCD版買ってしまっってました、まぁCD版はボーナストラックが入ってるのでこれはこれでいんだけど、近々DVD版も購入する予定。それにしても今回もとても美しいメロディを聴かせてくれます、4曲とも基本的にピアノを基調とした曲なんですが、ふいに入るパーカッションやシンセがとても心地よく優しい気分にさせてくれます。部屋の中でまったりと聴き浸っていたい心地よい音楽ですね。Treadが好きな方におすすめです。↓のTracklistingでフルレングスで視聴できます、まだ聴いたことない人は是非聞いてみてください。

-Tracklistings-
01. Kids Room
02. Outscape
03. Kids On The Run
04. Little Impact

| Hiroshi Watanabe Disc Review | 23:01 | comments(0) | trackbacks(1) |
<< | 2/18PAGES | >>